099G019

出典: meddic

  • 33歳の男性。労作時の息切れと疲労感とを主訴に来院した。
  • 2年前から同症状で入退院を繰り返している。意識は清明。脈拍96/分、整。血圧112/72mmHg。胸部聴診でIII音を聴取するが、心雑音は聴取しない。両肺野にラ音を聴取しない。顔面と下腿とに浮腫を認める。胸部エックス線写真での心胸郭比78%。
  • 心カテーテル検査で左室拡張末期圧16mmHg。冠動脈に狭窄はなく、左室造影で左室駆出率は20%(基準60~80)、左室拡張末期容積は268ml/m2(基準54~89)。
  • 治療薬として適切なのはどれか。
  • (1) 利尿薬
  • (2) カルシウム拮抗薬
  • (3) α遮断薬
  • (4) β遮断薬
  • (5) アンジオテンシン変換酵素阻害薬
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099G018]←[国試_099]→[099G020

"http://meddic.jp/099G019" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡