099F005

出典: meddic

  • 25歳の1回経産婦。現在妊娠14週である。風疹罹患が心配になり来院した。第1子が1週前に風疹に罹患しているが、妊婦には発疹や発熱などの症状はなく、風疹ワクチン接種の既往もない。妊娠10週時の血液検査の結果で風疹HI抗体価は64倍であった。身長158cm、体重48㎏。血圧110/70mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。内診と超音波検査とで異常を認めない。
  • この妊婦で正しいのはどれか。
  • a. 児に心奇形を発症するリスクは低い。
  • b. 風疹罹患の既往は不明である。
  • c. 周囲へ感染を拡大する可能性がある。
  • d. 風疹IgM抗体を測定する。
  • e. 流産の危険性が高い。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F004]←[国試_099]→[099F006

"http://meddic.jp/099F005" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡