099F002

出典: meddic

  • 30歳の男性。不眠、不安、食欲低下および体重減少を主訴として妻に伴われて来院し、精神科病棟へ任意入院した。身体所見で前腕の静脈に沿って注射痕が認められた。その翌朝から周囲の者に対する被害妄想と幻聴とを認めた。患者は「自分は病気ではないので退院する」と希望し、説得に応じようとしない。検尿の結果、メタンフェタミンが検出された。自傷他害のおそれはない。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a. 家族に引きとらせる。
  • b. 医療保護入院の手続きをする。
  • c. 保健所に措置入院を申請する。
  • d. 個室のベッド上に身体を拘束する。
  • e. 警察に届け出る。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F001]←[国試_099]→[099F003

"http://meddic.jp/099F002" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡