099A050

出典: meddic

  • 53歳の女性。1週前からの目のかすみを主訴に来院した。20年前に健康診断で糖尿病を指摘され、15年前から経口血糖降下薬で治療されている。1年前から全身倦怠感があり、1か月前から階段昇降時に息切れがある。意識は清明。身長158cm、体重52kg。脈拍88/分、整。血圧162/102mmHg。眼瞼結膜は蒼白であるが、眼球結膜に黄染は認めない。下腿に浮腫を認める。尿所見:蛋白2+、糖1+、ケトン体(-)、潜血(-)。
  • 血液所見:赤血球240万、Hb8.0g/dl、Ht25%、白血球7,200、血小板18万。血清生化学所見:空腹時血糖220mg/dl、HbA1c 8.5%(基準4.3~5.8)、総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.5g/dl、尿素窒素52mg/dl、AST32単位、ALT24単位、アルカリホスファターゼ420単位(基準260以下)、アミラーゼ220単位(基準37~160)、Na138mEq/l、K4.9mEq/l、Cl105 mEq/l、Ca7.5mg/dl、P7.2mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.32、PaO2 80Torr、PaCO2 24Torr、HCO3- 14mEq/l。
  • 治療方針で正しいのはどれか。
  • a. 摂取エネルギー制限の徹底
  • b. 摂取蛋白質の増量
  • c. 腎生検による診断の確定
  • d. インスリン治療への切り替え
  • e. 免疫抑制薬の追加
[正答]


※国試ナビ4※ 099A049]←[国試_099]→[099A051

"http://meddic.jp/099A050" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡