098D058

出典: meddic

  • 65歳の男性。右下腿の激痛と腫脹とのために救急車で搬入された。
  • 7日前に農作業中に右足に怪我をしたが、自分で創の処置をしていた。4日前から右足の発赤、腫脹および疼痛が始まり、急速に増悪した。2日前から耐え難いほどの激痛となり、悪臭を放つようになったが、病院に行くことを拒否し続けていた。
  • 既往歴には高血圧がある。右下肢は青紫色で著明に腫脹し、悪臭を発している。意識は清明。体温39.2℃。脈拍104/分、整。血圧180/96mmHg。
  • 血液所見:赤血球420万、白血球18,500、血小板12万。血清FDP18μg/ml(基準10以下)。CRP38mg/dl(基準0.3以下)。
  • 来院時の両側下腿エックス線単純写真を以下に示す。
  • 適切な処置はどれか。2つ選べ。
  • a. 右大腿切断術
  • b. 抗血清の投与
  • c. 高圧酸素療法
  • d. 抗凝固薬の投与 
  • e. 経口抗菌薬の投与



[正答]
※国試ナビ4※ 098D057]←[国試_098]→[098D059

"http://meddic.jp/098D058" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡