098D025

出典: meddic

  • 54歳の男性。倦怠感と息切れとを主訴に来院した。30歳代から十二指腸潰瘍を指摘され、酸分泌抑制薬による治療を間欠的に受けていた。他に異常は指摘されていない。2年前にヘリコバクター・ピロリ感染を指摘されたが、十二指腸潰瘍が瘢痕期であったため、特に治療はしなかった。数日前から倦怠感、易疲労感および労作時の息切れを自覚するようになった。昨日は黒色の固形便があり、今朝は大量の黒色下痢便を排出した。脈拍104/分、整。血圧108/74mmHg。眼瞼結膜は貧血様。心窩部に軽度の圧痛を認める。この患者で予測される検査所見はどれか。2つ選べ。
  • a. [[Hb 9. 3g/dl
  • b. MCV 116μm3(基準83~93)
  • c. BUN 39 mg/dl
  • d. [[クレアチニン 3. 9mg/dl
  • e. [[CRP 6. [[5mg/dl(基準0. 3以下)
[正答]


※国試ナビ4※ 098D024]←[国試_098]→[098D026

"http://meddic.jp/098D025" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡