098D024

出典: meddic

  • 1か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。
  • 出生体重2,950g。生後2週から嘔吐が始まり、3週からは哺乳の度に10~15分して嘔吐するようになった。排便は3日に1回である。
  • 体重3,320g。体温36.6℃。呼吸数36/分。脈拍120/分、整。血圧90/62mmHg。皮膚はやや蒼白で乾燥している。大泉門2×2cm、平坦。腹部平坦、軟。
  • 血清生化学所見:尿素窒素35mg/dl、Na132mEq/l、K3.4mEq/l、Cl 88mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.53、PaCO2 45Torr、HCO3- 33mEq/l、BE+7.7mEq/l、腹部超音波写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 間欠的に啼泣する。
  • b. 哺乳力は低下している。
  • c. 吐物に胆汁が混じる。
  • d. 胃蠕動が観察できる。
  • e. 灰白色便がみられる。



[正答]
※国試ナビ4※ 098D023]←[国試_098]→[098D025

"http://meddic.jp/098D024" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡