098D005

出典: meddic

  • 10歳の男児。奇異な癖のために勉強できないということで母に連れられ来院した。
  • 5歳時にマリンバを演奏しながら肩を上げる癖で気付かれた。その後、まばたき、鼻をつり上げる、頭を振る、全身をふるわせる、咳払い、ハッハッ、ウッウッと声を出す、「死ね死ね。」と言うなどの多彩な症状が出現した。
  • この疾患について正しいのはどれか。


  • (1) 強迫的な母親の養育態度に原因がある。
  • (2) 睡眠障害を伴うことが多い。
  • (3) てんかん性の脳波異常が高率にみられる。
  • (4) 10歳代後半になると症状は軽減していく。
  • (5) ハロペリドールが効くことが多い。


  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098D004]←[国試_098]→[098D006

"http://meddic.jp/098D005" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡