098B023

出典: meddic

  • 1か月の乳児。健康診査で遷延性黄疸を指摘され来院した。生後、灰白色使が続いている。血清生化学所見:総ビリルビン12.7mg/dl、直接ビリルビン8.6mg/dl、AST179単位(基準40以下)、ALT144単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ(ALP)867単位(基準260以下)。
  • この疾患について誤っているのはどれか。


  • a. 新生児肝炎との鑑別が重要である。
  • b. 生後60日以内に手術を行うことが望ましい。
  • c. 胆道系の悪性腫瘍の発生頻度が高い。
  • d. 術後胆管炎の予防と治療とが重要である。
  • e. 術後に黄疸が遷延する場合は肝移植の適応となる。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B022]←[国試_098]→[098B024

"http://meddic.jp/098B023" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡