098B016

出典: meddic

  • 55歳の4回経産婦。性器出血を主訴に来院した。膣鏡診では子宮膣部は易出血性で全周性に崩壊し潰瘍を呈している。膣壁に明らかな病変は認めない。内診では、子宮は可動性がやや制限されているが正常大である。両側の子宮付属器は触知しない。直腸診で右子宮傍結合繊に弾性硬の抵抗を触知するが骨盤壁には達しておらず、左子宮傍結合繊は軟である。子宮膣部・頚管細胞診はClassV、子宮内膜細胞診はClassIIである。胸部エックス線写真、腹部CT、大腸内視鏡検査、静脈性尿路造影検査、膀胱鏡検査および骨シンチグラフィで異常所見を認めない,骨盤部MRIで子宮頚部に最大径約3cmの腫瘤を認める。
  • 最も適切な治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098B015]←[国試_098]→[098B017

"http://meddic.jp/098B016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡