098A023

出典: meddic

  • 62歳の男性。昨夜突然強い背部痛が出現し、近医で鎮痛薬を投与されたが改善しないため救急車で来院した。
  • 強い背部痛を訴え顔貌は苦悶様。体温36.9℃。呼吸数20/分。脈拍104/分、整。血圧160/90mmHg。胸部の打聴診で異常所見を認めない。腹部は平坦で肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 血液所見:赤血球416万、Hb12.0g/dl、Ht35%、白血球9,600、血小板21万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.8g/dl、クレアチニン0.9mg/dl。CRP2.9mg/dl(基準0.3以下)。心電図で左室肥大の所見を認める。胸部造影CTを以下に示す。
  • この患者への対応で適切でないのはどれか。
  • a. 絶対安静
  • b. 鎮痛薬投与
  • c. 鎮静薬投与
  • d. 血栓溶解薬投与
  • e. β受容体遮断薬投与



[正答]
※国試ナビ4※ 098A022]←[国試_098]→[098A024

"http://meddic.jp/098A023" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡