097I041

出典: meddic

  • 24歳の未産婦。性器出血下腹部痛とを訴えて来院した。月経周期は順調であったが、今回3週間の月経遅延があった。内診所見では子宮は鶏卵大、軟で、右付属語領域に超鳩卵大の腫瘤を触れ圧痛を伴った。血液所見:赤血球250万、Hb7.5g/dl、Ht22%、白血球8.500、血小板12万。経膣超音波検査では子宮内に胎嚢を認めず、腹腔内に多量の出血を疑ったため開腹手術を行なった。開腹時、腹腔内に600mlの出血を認め、右卵管膨隆部が破裂し出血が持続していた。左側卵巣と卵管とに異常を認めない。
  • 適切な処置はどれか。


  • a. 両側卵管切除術
  • b. 右側付属器摘出術
  • c. 右側卵管切除術
  • d. 右側卵管結紮術
  • e. 右側卵巣提索結紮術
[正答]


※国試ナビ4※ 097I040]←[国試_097]→[097I042

"http://meddic.jp/097I041" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡