097I040

出典: meddic

  • 6歳の男児。尿量減少と顔面浮腫とを主訴に来院した。20日前に39℃の発熱と咽頭痛とを訴え、化膿性の扁桃炎と診断された。抗菌薬を内服したところ3日目朝には解熱していたので勝手に中止した。一昨日から排尿回数が減少し、顔が腫れぼったくなった。昨日から食欲が低下している。血圧130/90mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)、沈渣に赤血球多数/1視野、白血球5~10/1視野、赤血球円柱を認める。血清生化学所見:尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl。血清補体価(CH50)8単位(基準25~35)。
  • この患児の治療方針として正しいのはどれか。


  • a. 安静時間以外はベッドから降りてよい。
  • b. 摂取水分量は不感蒸泄に前日の尿量を加えた分とする。
  • c. 摂取食塩量は0.2g/kg/日とする。
  • d. 摂取蛋白量は2.5g/㎏/日とする。
  • e. 副腎皮質ステロイド薬を投与する。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I039]←[国試_097]→[097I041

"http://meddic.jp/097I040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡