097F004

出典: meddic

  • 1か月の乳児。健康診査で黄疸を指摘されたので来院した。在胎40週、身長50cm、体重3,000gで出生した。周産期に異常はなく、黄疸は日齢2に出現した。母乳栄養で哺乳時間は10~20分である。排便回数は1日3回で、便は軟らかく黄色である。機嫌は良好である。身長55cm、体重4,500g。体温37.2℃。脈拍120/分、整。皮膚と眼球結膜とに黄疸を認める。腹部はやや膨隆し、肝を右肋骨弓下に1cm触知する。脾は触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ビリルビン(-)。血液所見:赤血球400万、Hb12.0g/dl、Ht36%、白血球11,900、血小板32万。血清生化学所見:血糖80mg/dl、総蛋白7.0g/dl、総ビリルビン6.8mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)。
  • この乳児の黄疸と最も関係があるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F003]←[国試_097]→[097F005

"http://meddic.jp/097F004" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12Frequency of Manual Blowdown mail8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16プロステーシス+整形外科6
17brom+tech+心臓6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20視床手5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14プロステーシス+整形外科6
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16体幹ギプス固定 画像6
17セリンプロテイナーゼ6
18brom+tech+心臓6
19肺動脈圧5
20ウィルヒョウの3徴候5