097D038

出典: meddic

  • 58歳の男性。動悸と息切れとを主訴に近医から紹介されて入院した。43歳時の定期健康診断で尿糖を指摘され、その後も度々専門医を受診するよう勧められていたが、自覚症状がなく放置していた。1週前の忘年会後から浮腫が増強し、呼吸も苦しくなってきた。身長167cm、体重76kg。脈拍92/分、整。血圧176/112mmHg。尿所見:蛋白3+、糖3+、ケトン体(-)、潜血(-)。Ht21%。血清生化学所見:血糖350mg/dl、HbA1c8.8%(基準4.3~5.8)、アルブミン2.3g/dl、尿素窒素98mg/dl、クレアチニン6.5mg/dl、Na136mEq/l、K7.0mEq/l、Cl106mEq/l。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 80Torr、PaCO2 28Torr、HCO3- 12mEq/l。胸部エックス線写真で両側に胸水の貯留を認める。まず行うべき処置はどれか。
  • a. 経口糖尿病薬の開始
  • b. 重炭酸ナトリウムの静注
  • c. 洗浄赤血球の輸血
  • d. 血漿製剤の輸液
  • e. 血液透析
[正答]


※国試ナビ4※ 097D037]←[国試_097]→[097D039

"http://meddic.jp/097D038" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡