097D033

出典: meddic

  • 42歳の男性。発熱と紫斑とを主訴に来院した。
  • 生来健康であったが1か月前から疲労感を自覚するようになった。1週前に歯磨き時に出血し、四肢の紫斑に気付いた。昨夜、悪寒とともに発熱した。
  • 体温37.8℃。脈拍92/分、整。血圧114/60mmHg。顔色は蒼白で眼球結膜に黄染はない。歯肉出血があり、咽頭の発赤を認める。肝・脾は触知しない。前胸部と四肢に斑状出血と多数の点状出血とを認める。神経学的所見に異常を認めない。
  • 血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球350万、Hb10.5g/dl、Ht31%、白血球15,800(好中性骨髄球3%、好中性後骨髄球2%、桿状核好中球12%、分葉核好中球10%、単球3%、リンパ球12%、異型細胞58%)、血小板0.8万、PT82%(基準80~120)、APTT34秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン220mg/dl(基準200~400)、FDP5μg/ml(基準5以下)。
  • 血清生化学所見:AST65単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、LDH890単位(基準176~353)。CRP13.5mg/dl(基準0.3以下)。
  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 化学療法の前に行うべき治療はどれか。
  • (1) 赤血球輸血
  • (2) 血小板輸血
  • (3) 広域抗菌薬の静脈内投与
  • (4) 新鮮凍結血漿投与
  • (5) ヘパリンの静脈内投与]]


  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097D032]←[国試_097]→[097D034

"http://meddic.jp/097D033" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡