097A054

出典: meddic

  • 52歳の女性。階段昇降時に息切れを自覚して来院した。5年前から寒冷時に手指の蒼白化を認め、次第に手指の腫脹と関節痛とが出現した。6か月前から息切れが続いている。顔面は浮腫状で、ソーセージ様指と指先に皮膚の陥凹とを認める。両前腕と下腿とに皮膚硬化を認める。両側下肺野にfine crackles(捻髪音)を聴取する。血液所見:赤沈80mm/1時間、赤血球413万、Hb12.5g/dl、白血球6,200。血清生化学所見に異常はない。CRP陰性、抗核抗体1,280倍(基準40以下)。この患者で予想されるのはどれか。
  • a. 胸部エックス線写真で結節性陰影
  • b. 四肢エックス線単純写真で骨打ち抜き像
  • c. 上部消化管造影写真で食道拡張
  • d. 表皮基底膜に免疫グロブリン沈着
  • e. 抗Jo-1抗体陽性
[正答]


※国試ナビ4※ 097A053]←[国試_097]→[097A055

"http://meddic.jp/097A054" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡