097A029

出典: meddic

  • 76歳の男性。右鼠径部の膨隆のために来院した。右鼠径靭帯より頭側の鼠径部に4×4cmの半球状の腫瘤を認める。この腫瘤は仰臥位で腹筋を弛緩させることにより消失する。右陰嚢の腫大はない。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 肥満が誘因となる。
  • b. 神経症状を伴う。
  • c. 嵌頓しやすい。
  • d. 膨隆の内側で下腹壁動脈を触れる。
  • e. 悪性腫瘍を合併しやすい。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A028]←[国試_097]→[097A030

"http://meddic.jp/097A029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡