097A025

出典: meddic

  • 72歳の女性。腹痛と下血とを主訴に来院した。昨日昼ころから腹痛と下痢とが出現した。下痢は止痢薬で止まったが、夕方から下血が始まった。意識は清明。体温37℃。脈拍96/分、整。血圧122/74mmHg。臍上部に圧痛を認める。血液所見:赤血球465万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球11,800、血小板22万。CRP3.9mg/dl(基準0.3以下)。大腸内視鏡検査でS状結腸に限局する病変を認めた。病変部の写真を以下に示す。
  • 絶食と輸液とに続いて行うべきことはどれか。
  • a. 経過観察
  • b. 解熱鎮痛薬投与
  • c. 抗プラスミン薬投与
  • d. スルファサラジン投与
  • e. 副腎皮質ステロイド薬投与



[正答]
※国試ナビ4※ 097A024]←[国試_097]→[097A026

"http://meddic.jp/097A025" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡