097A014

出典: meddic

  • 72歳の男性。発熱、咳および呼吸困難を主訴に来院し、当日入院した。
  • 来院12日前に温泉に行き、来院3日前から38℃台の発熱があり、呼吸困難、咳、淡い血痰および全身倦怠感を認めた。生来健康で、喫煙歴は20歳から1日20本。意識は清明。脈拍104/分、整。血圧110/70mmHg。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb11.5g/dl、Ht43%、白血球14,200。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.43、PaO2 56Torr、PaCO2 33Torr。
  • 入院後、セフェム系抗菌薬による治療を開始したが症状が改善せず、精神症状も認められるようになった。このため入院4日目に人工呼吸器を装着し、エリスロマイシンの投与を始めた。入院7日目には肺野陰影の著明な改善を認めた。
  • 入院時の胸部エックス線写真と入院4日目のポータブル胸部エックス線写真とを以下に示す。
  • 考えられる疾患はどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 097A013]←[国試_097]→[097A015

"http://meddic.jp/097A014" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡