097A006

出典: meddic

  • 7歳の男児。落ち着きがないことを主訴に母親に連れられて来院した。5歳ころから一つのことを続けてやれない,じっとして授業を受けていられず、教室を走り回ったりするため、担任の教師から受診を勧められた。診察中、たえず手足をそわそわと動かしているのが認められる。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 遺伝性疾患である。
  • b. てんかんを伴いやすい。
  • c. 衝動性が強い。
  • d. 人格障害である。
  • e. 薬物療法は無効である。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A005]←[国試_097]→[097A007

"http://meddic.jp/097A006" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡