096I027

出典: meddic

  • 7か月の乳児。健康診査で来院した。在胎38週、自然分娩で出生した。出生体重3,000g、身長49.0cm。母乳栄養。5か月時から離乳を開始した。離乳食は、舌でつぶせる固さにして1日2回与えている。寝返りするが、這い這いはしない。欲しいものに手を出してつかむ。名前を呼ぶと振り向き、お坐りができる。顔の上に布をかけると自由にとる。三種混合ワクチンの第1期とポリオワクチンの1回目とは接種済みである。来院時体重8,900g。大泉門は2×2cmである。心雑音はない。肝は弾性軟で右肋骨弓下に3cm触知する。Moro反射はない。この児で正しいのはどれか。
  • (1) 這い這いしないのは発達の遅れを示す。
  • (2) Moro反射がないのは脳障害を示す。
  • (3) 肝の触診所見は生理的範囲内である。
  • (4) BCG接種を指導する。
  • (5) 断乳するように指導する。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096I026]←[国試_096]→[096I028

"http://meddic.jp/096I027" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12Frequency of Manual Blowdown mail8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16プロステーシス+整形外科6
17brom+tech+心臓6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20視床手5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14プロステーシス+整形外科6
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16体幹ギプス固定 画像6
17セリンプロテイナーゼ6
18brom+tech+心臓6
19肺動脈圧5
20ウィルヒョウの3徴候5