096F029

出典: meddic

  • 65歳の女性。肝硬変と食道静脈瘤との治療のために入院中である。入院20日目、3度目の食道静脈瘤の硬化療法を受けたころから徐々に言葉数が減少し、ベッドから離れる回数も減り、笑顔もみられなくなってきた。しかし、肝硬変の状態回安定し、硬化療法の治療経過も順調である。この患者への対応で誤っているのはどれか。
  • a. 現在の治療は順調であることをよく説明する。
  • b. 患者の話をよく聞く。
  • c. 抑うつ気分の有無を尋ねる。
  • d. 希死念慮の有無について尋ねる。
  • e. 病室への訪問回数を減らす,
[正答]


※国試ナビ4※ 096F028]←[国試_096]→[096F030

"http://meddic.jp/096F029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡