096D056

出典: meddic

  • 10歳の男児。発熱、悪心および嘔吐を主訴に来院した。春休みに5日間東南アジアを家族と旅行し、帰国後も通常生活を送っていた。帰国後1か月ころから37~38℃の発熱が4日間続き、同時に全身倦怠感、食欲不振、悪心および嘔吐があり、褐色の濃い尿が出るようになった。眼球結膜は黄染し、腹部は平坦で右肋骨弓下に肝を3cm触知する。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D055]←[国試_096]→[096D057

"http://meddic.jp/096D056" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡