096D029

出典: meddic

  • 48歳の男性。昨夕から持続する上腹部痛と意識混濁とのため救急車で搬入された。25歳から飲酒を開始し、最近は毎日焼酎を4合以上飲んでいた。傾眠状態。皮膚に黄疸がある。圧確のある硬い肝を右肋骨弓下に4cm触知する。血液所見:赤血球365万、Hb13.5g/dl、白血球12,000、血小板12万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.1g/dl、総ビリルビン4.5mg/dl、AST(GOT)250単位(基準40以下)、ALT(GPT)110単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ570単位(基準260以下)、γ-GTP350単位(基準8~50)。診断確定のため肝生検を行った。この疾患の肝組織所見で特徴的なのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096D028]←[国試_096]→[096D030

"http://meddic.jp/096D029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡