096D004

出典: meddic

  • 58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。2年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場でも仕事の能率低下に気付かれている。妻によると、2年前から夜間のいぴきがひどく、時々、呼吸が止まった状態になるとのことであった。身長160cm、体重90kg。咽頭には異常がない。抑うつ気分や不安を認めない。夜間の睡眠ポリグラフを以下に示す。
  • この患者でまず行うべき治療法はどれか。
  • a. イミプラミン投与
  • b. ベンゾジアゼピン系薬投与
  • c. メチルフェニデート投与
  • d. 持続的気道陽圧法
  • e. 軟口蓋の外科手術



[正答]
※国試ナビ4※ 096D003]←[国試_096]→[096D005

"http://meddic.jp/096D004" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡