096A041

出典: meddic

  • 日齢10の男の新生児。在胎26週時の胎児超音波検査で腹部に両側性嚢胞性病変を指摘された。その後の定期的検査で嚢胞性病変の軽度増大傾向か認められたが、羊水量に異常はなかった。在胎39週1日、自然分娩で出生した。出生体重2,960g。Apgarスコア8点(1分)、9点(5分)。血清生化学所見:尿素窒素18mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl。腹部MRIのT2強調冠状断像を以下に示す。
  • この疾患で誤っているのはどれか。
  • a. 両側の腎孟尿管移行部の通過障害である。
  • b. 胎児期は原則的に経過観察が第一選択となる。
  • c. 出生後は腹部腫瘤が発見の契機となる。
  • d. 出生後に尿路感染を起こしやすい。
  • e. 出生後は手術の絶対的適応である。



[正答]
※国試ナビ4※ 096A040]←[国試_096]→[096A042

"http://meddic.jp/096A041" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡