095F026

出典: meddic

  • 67歳の男性。右半身麻蝉のために入院した。豹10年前から高血圧症と2型糖尿病とで通院治療中であった。降圧薬とインスリンとの投与を受けている。身長170cm、体重75 kg。脈拍64/分、整。血圧160/104 mmHg。意識は清明。身体所見では右半身の弛緩性麻痺を認めるが感覚障害はない。他には異常を認めない。血清生化学所見:空腹時血糖182 mg/dl、クレアチニン0.9 mg/dl、総コレステロール250mg/dl、トリグリセライド160mg/dl(基準50~130)。この患者に対する主治医の対応で適切でないのはどれか。
  • a. 看護婦と患者教育を分担する。
  • b. 栄養士に食事指導を依頼する。
  • c. 薬剤師に服薬指導を依頼する。
  • d. 理学療法士にリハビリテーションを依頼する。
  • e. 保健婦に退院に向けて家事の援助を依頼する。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F025]←[国試_095]→[095F027

"http://meddic.jp/095F026" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡