095D025

出典: meddic

  • 生後22時間の男の新生児。在胎39週2日、経膣分娩で出生した。出生体重3,200g。生後12時間から嘔吐がみられ、次第に腹部膨満が著明となった。尿に胎便の混入を認める。肛門部に鉛マーカーを置いた倒立位エックス線単純写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • (1) 母体に羊水過多を認める。
  • (2) 病型は低位である。
  • (3) 直腸盲端と尿路とに痩孔が存在する。
  • (4) 他臓器の奇形を合併することが多い。
  • (5) 直ちに根治術を行う。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)



[正答]
※国試ナビ4※ 095D024]←[国試_095]→[095D026

"http://meddic.jp/095D025" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡