095D017

出典: meddic

  • 64歳の男性。半年前から突然に生じる動悸を時々自覚するため来院した。
  • 動悸は長い時には数時間続き、いきみや冷水に顔をつけることで消失することがある。約1か月前から動悸発作中に一過性の眼前暗黒感を伴うようになった。意識消失をきたしたことはない。脈拍65/分、整。血圧132/76mmHg。安静時心電図は正常。
  • 長時間連続記録心電図(II誘導)を以下に示す。
  • この患者で正しいのはどれか。
  • (1) 血栓塞栓症の危険がある。
  • (2) 高カリウム血症を合併している。
  • (3) キシロカイン静注が有効である。
  • (4) カテーテル焼灼術(アブレーション)の適応である。
  • (5) ペースメーカー植え込みの適応である。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)



[正答]
※国試ナビ4※ 095D016]←[国試_095]→[095D018

"http://meddic.jp/095D017" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡