095C028

出典: meddic

  • 26歳の初産婦。妊娠39週で陣痛が発来し入院した。定期的な妊婦健康診査で異常は指摘されていない。14時間経過後の内診所見で、児頭は屈曲しており、矢状縫合は骨盤の前後径に一致し、子宮口は全開大していた。胎児心拍数陣痛図に異常は認められない。この時点で適切なのはどれか。
  • (1) 児頭の最大径で出ロ部を通過させる。
  • (2) 第2回旋の終了を待つ。
  • (3) 泉門の位置を確認する。
  • (4) 児頭をゆっくり娩出させる。
  • (5) 子宮底を圧迫する。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095C027]←[国試_095]→[095C029

"http://meddic.jp/095C028" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡