085B071

出典: meddic

  • (1) 発生率は40歳以上の女性において上昇する
  • (2) 原因は1精子ないし2精子受精による雄性発生である
  • (3) 全絨毛の水腫性嚢胞化と間質内血管の欠如とが認められる
  • (4) 単純子宮全摘出術により絨毛癌の発生を防止しうる。
  • (5) 奇胎娩出後8週の尿中hCGが100IU/l未満であれば二次管理は必要ない
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
"http://meddic.jp/085B071" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡