085B069

出典: meddic

  • (1) A点の線量は外部照射による線量のよい指標となる
  • (2) B点の線量としては40-50Gyが用いられる
  • (3) 腔内照射は後充填法(アフターローディング法)によることが多い
  • (4) 腔内照射外部照射とを併用することはまれである
  • (5) 臨床期別分類III期の5年生存率は約15%である
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
"http://meddic.jp/085B069" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡