f波

出典: meddic

f wave
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 後期応答(F波,H波)のリハビリテーションへの応用
  • The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 53(6), 434-439, 2016
  • NAID 130005166245
  • 異なる筋収縮強度を用いた母指対立運動イメージが脊髄運動神経の興奮性と自律神経活動に及ぼす影響
  • 脳血管障害片麻痺患者の痙縮のリハビリテーション評価としてのF波,H波の応用 (第51回日本リハビリテーション医学会学術集会) -- (パネルディスカッション リハビリテーション医学評価としての電気生理学)
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 52(6), 335-339, 2015-06
  • NAID 40020514417

関連リンク

F波の出現は、刺激の興奮がα運動神経線維を逆行性に上行して脊髄前角細胞に達し、 そこで生じた自己興奮が、同じα運動神経 ... F波の特徴としては、M波が得られるどの 骨格筋からでも導出可能であり、振幅はM波のそれに比べて3~5%と非常に小さく、潜 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

波」

  [★]

wave
波動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡