鼻腔内投与

出典: meddic

intranasal administration、(aj,abrv)i.n.

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bifidobacterium longum BB536の鼻腔内投与がマウスの気道の粘膜免疫とインフルエンザウイルスの感染に及ぼす影響
  • 岩淵 紀介,蛭田 直幸,清水 金忠 [他]
  • ミルクサイエンス 58(3), 129-133, 2009-12
  • NAID 120002463484
  • P-48 乳幼児期ラットへのナノ粒子を多く含むディーゼル排気粒子の鼻腔内投与が成長後の情動性、学習能に与える影響(ポスター発表)
  • 横田 俊二,藤谷 二,平野 靖史,藤巻 秀
  • 大気環境学会年会講演要旨集 (50), 340, 2009-08-20
  • NAID 110007483913

関連リンク

ここでの注射とは上で挙げた経静脈投与、筋肉内投与、皮下投与を指す。 利点. 速さ: 経静脈投与では15-30秒、筋肉内、または皮下投与では3-5分で全身に到達する。 一回 の投与で数日から数ヶ月間効果を示すように製剤することが可能である。例) 避妊薬 ...
嗅上皮の特性と鼻腔内投与による中枢神経機能のマニュピレーション. 柏 柳 .... ノール を鼻腔内投与すると 30 分後に脳脊髄液中の ... 鼻腔内に投与. された向神経薬である コカイン,アンフェタミンや. L-DOPA は,新線条体のドーパミン濃度を増加さ. せる.19) ...

関連画像

生物学的材料の調査、分析 | 対象試料(血液) | 血清、血漿ピラゾロピリミジンPI3K阻害剤化合物および使用方法節足動物(吸血昆虫)の介在しない 牛の感冒 - ppt download二重可変ドメイン免疫グロブリン及びその使用ながい耳鼻咽喉科クリニック 香川県 さぬき市 志度カンナビノイド誘導体、その製造方法、および使用


★リンクテーブル★
先読みintranasal administration
国試過去問111F022
リンク元i.n.
関連記事投与」「腔内」「鼻腔」「鼻腔内

intranasal administration」

  [★]

i.n. administration
i.n. administration


111F022」

  [★]

  • 28歳の女性。風疹ワクチン接種を希望して来院した。第1子妊娠中に風疹抗体価が陰性であることが判明した。第2子の挙児希望があり、現在は妊娠していない。内服薬や出血傾向をきたす基礎疾患はない。
  • 風疹ワクチンの適切な投与経路はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F021]←[国試_111]→[111F023

i.n.」

  [★]

  • 鼻腔内投与
intranasal administration


投与」

  [★]

administration
administrationis
投薬 medication

経路

  • 経口 PO peroral
  • 静注 IV intravenous administration
  • 筋注 IM intramuscular injection
  • 皮下 SC subcutaneous
  • 直腸 rectal


腔内」

  [★]

intraluminalendoluminalintracavitaryintraluminally


鼻腔」

  [★]

nasal cavity (Z)
cavum nasi



鼻腔内」

  [★]

intranasalintranasally




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡