鼻用寒蹄係

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

るに右側鼻腔は鼻入口部附近蓬乳嚇般硬周淡泳白色の. 腫瘍にて完全に閉塞され 容易に出血す。後鼻鏡検査に. て腫瘍の後面を見得れど腫瘍の三生部位は認め得ず。 右鼻腔硬性日晒腫の診蜥の下に寒蹄係にて摘出,腫瘍. は中甲介よη出で,他所に 癒着を ...
手術:局麻下に鼻内法及び口腔法を併用。(短期間に. 2回に行う)。鼻茸様腫瘍を寒蹄 係で絞断後鼻腔を精査. すると,中隔全面,鼻底部,下鼻道側壁迄黒変部あるた. め該 部粘膜を剥離摘出し,下甲介にも黒変部あるため骨. 導より切除した。鼻中隔には鋤骨 に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡