黒質緻密部

出典: meddic

substantia nigra pars compacta
黒質黒質網様部



  • 中脳
  • ドーパミン作動性ニューロン
  • 黒質線条体ニューロン

臨床関連

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 黒質緻密部における神経細胞形態の特徴とその受動的膜モデルの一構成法
  • 河野 通太,舘野 高
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 108(480), 87-92, 2009-03-04
  • … 本研究では,大脳基底核黒質緻密部におけるドーパミン作動性(DA)細胞の時空間的シナプス入力の統合とその符号化様式を理解するために,まず,二重免疫染色法を用いて,ラット黒質部のDA細胞形態を詳細に計測した.次に,Rallの等価シリンダモデルの観点から,実際に計測した細胞形態データが,そのモデル化の条件を満たすか否かを検討した.さらに,DA細胞を受動的膜と見なした場合に,樹状突起の分岐点で膜電位伝達の効率性 …
  • NAID 110007324989
  • パーキンソン病の病態生理 (特集 パーキンソン症状の理解と対応)
  • 葛原 茂樹
  • 老年精神医学雑誌 19(11), 1171-1177, 2008-11-00
  • NAID 40016355848

関連リンク

黒質緻密部 (こくしつちみつぶ substantia nigra pars compacta)は、ヒトにおいて、 ニューロメラニン色素を含有するニューロンが多く存在しているため黒色を帯びているが 、加齢と共にニューロメラニンの量が減少する。ニューロメラニンはドーパ(ヒドロキシ ...
直接路と間接路を形成する線条体の細胞はGABAを有する抑制性であり、大脳基底核 の修飾部である黒質緻密部からドーパミン入力を受け、それぞれ興奮もしくは抑制の 相反する神経活動を示します。つまり、直接路を形成する細胞にはD1受容体を介して ...

関連画像

 緻密部とその外部の網様部からby 慶応大image002.jpgHorizontal section of mibrain-superior


★リンクテーブル★
リンク元モノアミン作動性ニューロン」「フェノチアジン」「尾状核」「黒質網様部」「黒質緻密層
関連記事黒質」「緻密部」「緻密

モノアミン作動性ニューロン」

  [★]

monoaminergic neuron
モノアミン含有ニューロンモノアミン系ニューロン
ニューロン

脳幹のモノアミン作動性ニューロン (B.29 SP.422 SP.423(下行性入力))

  伝達物質 局在
A15 ドーパミン 嗅球糸球体周囲細胞
A14 視床下部前部
A13 不確帯
A12 弓状核(漏斗核)
A11 視床下部後部
A10 中脳腹側被蓋野
A9 黒質緻密部
A8 赤核後核
A7 ノルアドレナリン 網様体外側部
A6 青斑核
A5 顔面神経核上オリーブ核周囲。の下橋網様核(SP.423)
A4 第四脳室の直下で上小脳脚近傍
A3 下オリーブ核背側
A2 孤束核の周辺
A1 外側網様体核周辺
B9 セロトニン 内側毛帯近傍
B8 内中心角
B7 背側縫線核
B6 上中心角
B5 橋縫線核の中
B4 舌下神経前位核の背側
B3 大縫線核
B2 不確縫線核
B1 淡蒼縫線核
C3 アドレナリン 下オリーブ核外側網様体の間
C2 孤束核とその周辺
C1 背側縫線核延髄網様体腹外側領域(SP.423)


フェノチアジン」

  [★]

phenothiazine
フェノチアジン系


概念

作用機序

  伝達物質 局在
A15 ドーパミン 嗅球糸球体周囲細胞
A14 視床下部前部
A13 不確帯
A12 弓状核(漏斗核)
A11 視床下部後部
A10 中脳腹側被蓋野
A9 黒質緻密部
A8 赤核後核

薬理作用

尾状核」

  [★]

caudate nucleus (B)
nucleus caudatus
大脳基底核線条体レンズ核



発生学的に同一の灰白質から発生するが、内包の発達により被殻尾状核が分断される。被殻尾状核との間には線条の灰白質連絡が残るため、これらを合わせて線条体と呼ぶ (KL.753)

ニューロン

GABAとアセチルコリンのバランスが重要 → くずれると錐体外路症候群(パーキンソン病、パーキン粗にズム)
  • GABA作動性ニューロン
  • アセチルコリン作動性ニューロン
線条体内の伝達に用いられる?

大脳皮質・大脳基底核ループ回路

入力

  • 大脳皮質(グルタミン酸作動性ニューロンが入力)
  • 黒質緻密部(ドーパミン作動性ニューロンが入力)

出力



黒質網様部」

  [★]

substantia nigra pars reticulata
黒質黒質緻密部


  • 中脳
  • GABA作動性ニューロン

ニューロン

入力

出力


黒質緻密層」

  [★]

黒質黒質緻密部 substantia nigra pars compacta


黒質」

  [★]

substantia nigra (KH)
黒核 intercalatum, nucleus nigra
錐体路

概念

解剖


臨床関連

  • ドーパミン作動性ニューロンの脱落により発病


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




緻密部」

  [★]

(n
緻密層


緻密」

  [★]

compactcompactly
コンパクト小型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡