黄疸尿

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 外科侵襲と黄疸-尿中Biopyrrins(ビリルビン酸化生成物質)値測定の意義
  • 辻 美隆,竹内 浩紀,寺角 匡弘,高橋 威洋,河相 開流,大久保 雄彦,北郷 邦昭,村上 三郎,平山 廉三
  • 日本外科学会雑誌 103(臨時増刊), 272, 2002-03-10
  • NAID 110003950146
  • 新しい尿中たんぱく定量法の検討(その 1) : 四級アンモニウム塩-塩化ベンゼトニウムおよび塩化ベンザルコニウム-を用いる微量定量法
  • 是枝 忠子 [他],後藤 光與,栗田 美智子,小作 順子,津久井 恵子
  • 杏林医学会雑誌 11(4), 371-378, 1980-12-30
  • NAID 110002696991

関連リンク

健康な赤ちゃんでも、程度に個人差がありますが、生後2週以内におこる新生児黄疸の場合や、生後2週を過ぎて2~3か月くらいの母乳栄養児に起こる母乳性黄疸の場合は、黄色っぽい色から赤みが強い場合もあります。
... はありませんが、肝臓や胆道の病気になると尿中に排出されます。特に、急性肝炎では黄疸が出る前から尿ビリルビンは陽性を示し、肝機能が回復してくると、黄疸が残っていても陰性になります。そのため尿ビリルビンは急性肝炎 ...

関連画像

黄疸 肝炎 1 尿 黄 如 茶 黄疸 型  性 黄疸 左 閉塞 性 黄疸 濃 尿 黄疸 尿 で よく 認められる猫の尿の色(2011.04.30) : きよせ猫


★リンクテーブル★
関連記事黄疸」「尿

黄疸」

  [★]

jaundice (prejndiceと似ている?), choloplania
icterus
ビリルビン新生児黄疸


  • 基準値:総ビリルビン(TB) 0.2-1.2 mg/dl
総ビリルビンが2.0 mg/dl を超えると肉眼的に黄疸が認められる

黄疸の原因 (内科診断学 第2版)

間接ビリルビン優位 産生過剰 網内系赤血球破壊 先天性溶血性貧血
後天性溶血性貧血
血管内溶血 発作性夜間血色素尿症
寒冷凝集素症
血液型不適合溶血
血栓性血小板減少性紫斑病
骨髄内無効造血 シャントビリルビン血症
悪性貧血
肝臓摂取障害 シャント形成 肝硬変
抱合障害 Crigler-Najjar症候群(I,II型)
Gilbert症候群
直接ビリルビン優位 排泄障害 Rotor症候群
Dubin-Johnson症候群
肝細胞障害 急性肝炎
慢性肝炎
肝硬変
胆管障害 肝内胆汁うっ滞 原発性胆汁性肝硬変
原発性硬化性胆管炎
薬物性胆汁うっ滞
閉塞性黄疸


jaundice
付録16


尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡