黄体期短縮症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 排卵障害患者における肥満度と内分泌機能の検討

関連リンク

卵胞期短縮症。卵胞期短縮症とはどんな病気か 排卵月経周期がある女性で、卵胞期が短縮するために月経周期が短縮する状態です。頻繁に月経が来ることで気づきます。 月経周期には個人差があります。もともと短い周期の正常排卵 ...
黄体期が短縮することで月経周期が全体として短縮したり、黄体期、すなわち予測される月経の発来前約2週間に異常出血を起こしたりします。 黄体期に自覚しやすい症状(乳房が張る、体が熱いなど)が起こりにくいことも特徴と ...

関連画像

更年期の月経異常の種類と発見


★リンクテーブル★
関連記事黄体」「黄体期」「短縮」「

黄体」

  [★]

yellow body
corpus luteum(Z), (pl.)corpora lutea


概念

NGY 11,17改変
  • 排卵後、卵胞の裂孔が血液で満たされ赤体となった後に血液が吸収され、リポイド色素によって肉眼的に黄色に見える黄体が形成される。排卵後1-4ないし2-3日で形成される。組織的には卵胞の顆粒膜細胞内莢膜細胞が黄体化ホルモンの作用を受けて大型化した顆粒膜ルテイン細胞と比較的小さめの莢膜ルテイン細胞にそれぞれ変化した細胞から構成される。

分類

  • 月経黄体:妊娠しない場合に形成され、約12日間持続した後に退縮し白体となる
  • 妊娠黄体:妊娠が成立した場合に形成され、黄体機能は妊娠10~12週がピークとなり、出産後に退縮して白体となる。

機能

  • エストロゲンとプロゲステロンを分泌する。


黄体期」

  [★]

luteal phase
periodus luteinica
卵胞期


体温 低温相 高温相
卵巣周期 増殖期 分泌期
内膜周期 卵胞期 黄体期



短縮」

  [★]

abbreviation、brachysm、contractionretrenchmentshortening


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡