麻疹クループ

出典: meddic

measles croup
麻疹喉頭炎
クループ症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 麻疹クループの1治験例

関連リンク

麻しん(はしか)患者が増えています!~既に昨年の全国 ... 麻しん(はしか)は、麻しん ウイルスによって引き起こされる感染症です。感染力が ... 病気です。 このほか、中耳炎 (約5~15%)、クループ症候群(喉頭炎)、心筋炎 ...
脳ドック 健康診断 インフルエンザ おたふく風邪 ジフテリア・日本脳炎 破傷風 百日咳 風疹 麻疹等 各種 ... 麻疹ウイルス(measles virus)によって罹る感染症で,麻疹(はしか)は感染症法に基づく4 類感染症定点把握疾患です ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みクループ症候群
関連記事麻疹」「クループ

クループ症候群」

  [★]

croup syndrome
クループ百日咳菌
SPE.388
  • 声門下や喉頭周囲の炎症、腫脹による上気道閉塞性疾患。
  • 冬期に乳幼児に好発
  • 病原体はほとんどがウイルスであり、パラインフルエンザウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどが原因となる。
  • 感冒症状(発熱、咽頭痛)~嗄声・犬吠様咳嗽~吸気性喘鳴・呼吸困難~陥没呼吸・チアノーゼ・不穏
  • 喉頭鏡で声門下部~気管上部の浮腫性変化と狭窄を認める。

治療

SPE.388 YN.I-45
  • 安静、加湿、酸素吸入
  • 狭窄に対してアドレナリン+ステロイド吸入
  • 細菌感染が認められれば抗菌薬。



国試

参考

  • 1. 英語。しかし、まとまっている。
[display]http://doktermudatrader.blogspot.com/2010/06/croup-in-children.html
  • 2. Viral croup.
  • Knutson D, Aring A.SourceDepartment of Family Medicine, Ohio State University College of Medicine and Public Health, Columbus, Ohio 43201, USA. knutson.1@osu.edu
  • American family physician.Am Fam Physician.2004 Feb 1;69(3):535-40.
  • Viral croup is the most common form of airway obstruction in children six months to six years of age. The frightening nature of croup often prompts parents and caregivers to seek physician consultation. For children with mild croup, symptomatic care and mist therapy may be all that is necessary. Epi
  • PMID 14971835
[display]http://www.aafp.org/afp/2004/0201/p535.html


麻疹」

  [★]

ましん
measles, rubeola
はしか麻しん
麻疹ウイルス感染症法ワクチン学校伝染病

特徴

病原体

疫学

  • 1-5歳に好発
  • 6ヶ月までは母体からの移行抗体により発症しない

感染経路

  • 空気感染
  • 上気道粘膜に進入・増殖 → 所属リンパ節で増殖 → ウイルス血症 → 全身諸臓器で増殖
  • リンパ節腫脹は伴わない

潜伏期

  • 10-12日

経過、症状

NDE.437
  • 1. カタル期:1-5病日:発熱、くしゃみ、鼻水、目脂。コプリック斑
  • 白血球が劇的に低下し、2000-3000まで落ち込むことがある。
  • カタル期終わりの1-2病日に解熱してコプリック斑が発生
  • カタル期の鼻汁、唾液、涙液、気道分泌液は感染性有り
  • 2. 発疹期:6-10病日:発熱。発疹は耳後部、頚部から始まり体幹から四肢へ。色素沈着を残す ⇔風疹
  • 発疹は斑状紅色丘疹。融合する (⇔風疹)

細胞性免疫の低下

リンパ球への感染→細胞性免疫が低下
結核に罹患している場合、粟粒結核に進展することがある

合併症

晩期合併症

  • M蛋白の欠損した麻疹ウイルスによる、らしい
  • 麻疹に感染し、小児期に知能低下ミオクローヌスなどを、初発症状として発症し、意識障害をきたし致命的となる。

妊娠

  • 胎児への影響は報告されていない

検査

  • 画像検査
  • 胸部単純X線写真:間質性肺炎像

鑑別疾患

治療

  • 対症療法
  • 合併症の治療:肺炎、中耳炎などの細菌性二次感染が多く、予防のために抗菌薬投与が行われる

学校伝染病

  • 学校保健安全法では、解熱後3日経過するまで出席停止(NDE.438)
  • 出席停止の解除は、主要症状が消退したあと7日?

予防

  • 麻疹生ワクチン
  • 免疫不全患者にはγグロブリン製剤
  • 免疫があれば重症化しない

予後

  • 2大死因は肺炎と脳炎

参考

uptodate

  • 1. [charged] 麻疹の臨床症状および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 麻疹の予防および治療 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 麻疹の疫学および伝染 - uptodate [3]





クループ」

  [★]

croup
クループ症状
クループ症候群急性声門下喉頭炎

概念

分類

吸気時に狭窄した上気道を吸気が通過する際に特徴的な吸気時喘鳴が出現する





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡