鶏姦

出典: meddic

pederasty
肛門性交男色


和文文献

  • 「性」暴力装置としての異性愛社会--日本近代の同性愛をめぐって (シンポジウム 法と暴力) -- (第1分科会『性暴力と法』)
  • 鶏姦規定をめぐる若干の考察
  • 鶏姦の一鑑定例

関連リンク

デジタル大辞泉 - 鶏姦の用語解説 - 男どうしで行う性行為。男色。 ... 出典|小学館 この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
明治5年に「鶏姦条例」なるものが制定され、男色は御法度になっていたということを刑法の書籍で見かけました(刑法綱要(団藤重光))。で、この「鶏姦」という言葉なのですが確かに「男色」という解説が辞書に載って...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元pederasty」「肛門性交

pederasty」

  [★] 鶏姦

WordNet   license wordnet

「sexual relations between a man and a boy (usually anal intercourse with the boy as a passive partner)」
paederasty


肛門性交」

  [★]

anal sex
性行動性行為性的指向アナルセックス口腔性交
鶏姦




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡