鳥取大学医学部附属病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 鳥取大学医学部附属病院

url

理念

  • 健康の喜びの共有

住所

  • 〒683-8504 米子市西町36-1

診療の特徴、実績

  • 鳥取県西部(米子市)に位置する本院は、鳥取県全域、兵庫県北西部、岡山県北部、島根県東部を医療圏として抱えており、昭和20年創立以来、山陰地方における屈指の総合病院として、「地域に立脚した患者中心の医療を行う」ことを本院の基本理念の一つに掲げ、地域医療に大きく貢献している。1.多くの急性期疾患をも対象として、特に救急医療には全診療科(部)あげて対応している。本院の特徴の一つは、三次救急のみならず、きわめて多くの一次、二次救急患者に対応していることがあげられる。(平成16年10月、本院に救命救急センター設置)2.医療福祉支援センターを設置し、保健所や地域の医療機関等と在宅医療や訪問看護等について協議するとともに、ITならびに通信衛星を利用した教育・診療支援体制(遠隔病理・画像診断等)強化に取り組んでいる。3.医療安全管理部ならびに医療相談室の充実を図るとともに、リスクマネージメントに対して多角的に取り組んでいる。4.特定機能病院として、遺伝子診療科を設置するとともに血管再生治療等の高度先進医療にも力を入れ、難病支援センターも設置している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 571.7人

一日平均外来患者数

  • 1,281.8人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.6日/64.8日

年間分娩件数

  • 292件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 27件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/17回

当院の救急医療の特徴

  • 鳥取県西部の基幹病院として一次より三次救急まで、あらゆる救急疾患に対応している。三次救急に関しては、救命救急センターを有し、心肺停止、熱傷、中毒、多発外傷、心疾患、中枢神経疾患、呼吸器疾患、消化器疾患など幅広い疾患の患者を受け入れ、救急災害科の救急専門医(日本救急医学会指導医・認定医)および各専門科医師による包括的治療が行われている。ちなみに当院救命救急センターは、全国で69施設のみ、中国四国地方では6施設しか指定を受けていない日本救急医学会指導医指定施設である。また、一次、二次救急に関しては、救命救急センター外来による各専門科対応となるが、耳鼻咽喉科、眼科、歯科口腔外科などの特殊疾患の診察も24時間行っている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急災害科/循環器内科/内分泌代謝内科/消化器内科/腎臓内科/呼吸器内科/膠原病内科/精神科/小児科/消化器外科/小児外科/心臓血管外科/乳腺内分泌外科/胸部外科/皮膚科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/頭頚部外科/放射線科/放射線治療科/神経内科/脳神経外科/脳神経小児科

一日平均救急外来患者数

  • 24.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 78人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3.5回

当直手当

  • 無し

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 鳥取大学医学部附属病院は、救急から終末医療まで地域に根ざした基幹病院として機能しています。自由度の高い研修プログラムが用意され、研修協力病院との相互連携もできることにより、自分の目標にあわせた研修計画を組むことが可能です。医師にとって最も大切な初期研修の2年間を通して、全人的な医療ができる医師となるようにスタッフ全員でサポートしていきます。ぜひ一緒に頑張りましょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 鳥取大学医学部附属病院は山陰では最大規模の病院である。田舎の病院ではあるが、最先端の医療も行っている。山陰はみんな優しいせいか指導医の先生も非常に優しく、個人的な悩みなども親身になって相談にのってくれる。民間病院に比べ、技術習得が遅くなると言われているが、やる気があれば上級医立ち会いのもとやらせてくれる処置もある。まれな疾患が多く、鑑別診断(学生時代考えることすらしなかった)は否が応でもしなければいけなく、力はついていると確信している。また、仲間も多いので、医療のこと、将来に対する不安、プライベートなことなど同世代で話をすることも可能。都会の空気は遊びに行っときに味わえばよく、生活する場所としては米子は良いと思う。毎日田舎の空気では飽きてしまうから、休日を見つけて遊びに行けばいい。その休日に関しても、大学病院なので、マンパワーがあり、研修医にもしっかりリフレッシュする時間はくれる。研修を初めてまだ1年も経過していないが、研修病院に鳥取大学医学部附属病院を選んで後悔はしていないし、確かに肉体的・精神的に辛い時期もあるが、乗り越えられ、人間として大きくなれると確信している。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/14 00:35:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新生児に対する中心静脈カテーテルの使用と合併症 : 鳥取大学医学部附属病院新生児センターでの検討
  • 松下 博亮,宮原 史子,美野 陽一,中川 ふみ,堂本 友恒,三浦 真澄,船田 裕昭,長田 郁夫,神崎 晋
  • 日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine 24(1), 61-65, 2012-02-15
  • NAID 10030408821

関連リンク

イベント情報 2013-05-29未来の医療人を地域でいっしょに育てよう~「地域医療を 感じる」シンポジウム~new; 地域の方へ 2013-05-13平成25年度鳥取大学医学部 公開講座のお知らせnew; 大学院生へ 2013-04-192013米子地区定期健康診断 についてnew ...
新着情報 · 教授挨拶 · 診療内容 · 外来表 · 医療機器紹介 · スタッフ紹介 · 教室紹介 · 屈折矯正手術 · 入局案内 · 診療内容 · 医学部眼科学教室 · LASIK. 2009.02.10. LinkIcon ホームページをリニューアルいたしました。 Information. 目の不自由な人の ために愛 ...

関連画像

ようこそ鳥取大学がんセンター 鳥取大学のいいところ画像:鳥取大学医学部附属病院鳥取大学医学部附属病院】 鳥取大学医学部附属病院 鳥取大学医学部附属病院


★リンクテーブル★
関連記事医学」「医学部」「学部」「大学

医学」

  [★]

medicinemedical scienceiatrologymedicalmed
医科医学上医学的医薬医用メディカル医療用医科学


医学部」

  [★]

medical schoolSchool of MedicineFaculty of Medicine
医学校

学部」

  [★]

facultyschoolundergraduate
学校学部学生


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡