高頻度反復配列

出典: meddic

[[]]
highly repetitive sequence
[[]]


highly repetitive sequence

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本産およびインドネシア産イネ白葉枯病菌各レース代表菌株の RFLP 解析
  • 加来 久敏,平八重 一之,落合 弘和 [他],兼松 聡子,野田 孝人,土屋 健一,日比 忠明
  • 日本植物病理學會報 62(1), 53-56, 1996-02-25
  • … イネ白葉枯病菌由来の高頻度反復配列を含むpJELl01をプローブとして, 各代表菌株の全DNAを各種制限酵素で切断した断片についてサザンブロット解析を行った結果, いずれの制限酵素を用いても各代表菌株は固有のRFLPパターンを示し, 相互の重複は認められなかった。 …
  • NAID 110002733801
  • Comparative RFLP Profiles among Representative Strains of Japanese Races of Xanthomonas oryzae pv. oryzae Using the Repetitive DNA Probe pJEL101.
  • 加来 久敏,平八重 一之,落合 弘和,兼松 聡子,野田 孝人,土屋 健一,日比 忠明
  • 日本植物病理学会報 62(1), 53-56, 1996
  • … イネ白葉枯病菌由来の高頻度反復配列を含むpJEL101をプローブとして,各代表菌株の全DNAを各種制限酵素で切断した断片についてサザンブロット解析を行った結果,いずれの制限酵素を用いても各代表菌株は固有のRFLPパターンを示し,相互の重複は認められなかった。 …
  • NAID 130003750072
  • 高頻度反復配列を含むプラスミドpJEL101をプローブとしたRFLPによるイネ白葉枯病菌レース突然変異株の判別
  • 堀田 光生 [他],土屋 健一,加来 久敏,平八重 一之,日比 忠明
  • 日本植物病理學會報 61(5), 485-488, 1995-10-25
  • … フィリピン産イネ白葉枯病菌PXO61株(レース1)およびPXO63-6株(レース2)からニトロソグアニジン処理によって誘発された各種病原性変異株について, イネ白葉枯病菌由来の高頻度反復配列を含むプラスミドpJEL101をプローブとしてRFLP解析を行い, 親株および他レース(1〜5)との比較を行った。 …
  • NAID 110002732343

関連リンク

高頻度反復配列. DNA上に存在する大量の繰返し配列。動原体や染色体の介在部の ヘテロクロマチンを構成するサテライトDNAや、ゲノムの中を自由に移動できる レトロポゾンの転移と挿入によってゲノム中に大量に散在するLINEやSINEと呼ばれる 反復配列 ...

関連画像

染色体の高次構造とS期 slide0006_image002.jpgslide0005_image006.jpgMéthodologie utilisée pour réaliser アジア大陸及び日本に生息する  配列の大部分はヘテロ


★リンクテーブル★
関連記事配列」「頻度」「高頻度」「反復配列」「反復

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


頻度」

  [★]

frequencyincidence
回数出現率振動数発生率周波数度数発生頻度

高頻度」

  [★]

high frequencyhigh incidencefrequentalphoid
高周波頻回頻繁アルフォイド


反復配列」

  [★]

repetitive sequence, repeated sequence
繰返し配列繰り返し配列


反復」

  [★]

iteration(PSY), repetition(IMD)
  • 同じ行動や思考を繰り返すこと。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡