高窒素血症

出典: meddic

azote
azotemia
尿毒症




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブドウ摂取後に急性腎不全を発症して死亡した犬の1例
  • 伊東 輝夫,西 敦子,池田 文子,串間 栄子,串間 清隆,内田 和幸,椎 宏樹
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(11), 875-877, 2010-11-20
  • … 血液検査では重度の高窒素血症、高カルシウム血症、高リン血症、および高カリウム血症が認められた。 …
  • NAID 10027476632
  • PKD1遺伝子変異が認められ長期間観察した多発性嚢胞腎猫の嚢胞液の変化
  • 佐藤 れえ子,小林 沙織,佐々木 一益,宇都 若菜,御領 政信,佐々木 淳,神志那 弘明,大石 明広,安田 準
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(10), 791-796, 2010-10-20
  • … 初診時血液検査では高窒素血症、高リン血症を認め、短期間の腹膜透析の後、輸液と腎臓病用療法食の給与により維持し、約1年間経過を観察した。 …
  • NAID 10027476521

関連リンク

急性腎虚血、薬物中毒などによる尿細管壊死(尿細管組織が死んだ状態)によるものが 最も多く、多発性腎梗塞などによる腎皮質壊死、腎内動脈閉塞、痛風性腎症などによる 尿細管閉塞、悪性高血圧による腎細動脈壊死、高カルシウム血症性腎症などによる ...

関連画像

の 腎 前 性 高 窒素 血 症 も 高尿素窒素血症 - Azotemia高尿素窒素血症 - Azotemia高尿素窒素血症


★リンクテーブル★
先読み尿毒症」「azote
リンク元慢性腎臓病
拡張検索高窒素血症性骨ジストロフィー」「腎前性高窒素血症
関連記事窒素」「

尿毒症」

  [★]

uremia
腎不全

概念

  • 腎不全 + 嘔気・嘔吐、中枢神経症状など = 尿毒症
  • Ccrが正常の10%以下になると尿毒症症状が出現する(YN.E-28)
  • 末期腎不全に見られる病態。

症候

  • 全身:浮腫、全身倦怠感
  • 神経:
  • 眼:
  • 味覚:
  • 呼吸器:クスマウル大呼吸、尿毒症肺(肺水腫、肺うっ血)、胸膜炎、呼吸困難、胸水貯留
  • 循環器:高血圧、心不全、心膜炎(心嚢炎)、心筋炎、不整脈
  • 消化器:、嘔気・嘔吐、食欲不振、便秘・下痢、消化管出血、潰瘍、腹痛、イレウス、腹水
  • 口腔 :味覚障害、口内炎、アンモニア口臭
  • 骨代謝:
  • 筋:
  • 性機能:
  • 皮膚:掻痒感、出血斑、茶褐色化、皮膚出血、紫斑
  • 血液:
  • 貧血:
  • 血小板機能不全による出血傾向 (参考1):血小板凝集能低下と血小板粘着能の低下

参考

  • 1. [charged]尿毒症における血小板機能不全 - uptodate [1]



azote」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「an obsolete name for nitrogen」


慢性腎臓病」

  [★]

chronic kidney diseaseCKD
慢性腎疾患

定義

  • 1. 尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか
  • 2. GFR <60 mL /min/1.73 m2
  • 3. 1.2.のいずれか、または両方が3か月以上持続する

eGFR

推算GFR (資料1)
eGFR(mL/min/1.73 m2)= 194 × Cr-1.094 × Age-0.287
女性は ×0.739

リスクファクター

参考1
  • 生活習慣病、メタボリックシンドロームと慢性腎臓病とが関連している。
  • これらに関連する生活習慣として肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどがある。
  • 喫煙:肺癌、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、腎不全のリスクファクターである。喫煙は蛋白尿、腎機能低下のリスクファクターである。

CKDのステージ

CKDのステージと診療計画
病期
ステージ
重症度の説明 推算GFR
mL/min/1.73m2
診療計画
  ハイリスク群 ≧90(CKDの
リスクファクター
を有する状態で)
・CKDスクリーニング
・CKDリスクを軽減させる治療
1 腎障害(+)
GFRは正常
または亢進
≧90 上記に加えて
・CKDの診断と治療の開始
・合併症 comorbidity の治療
・CKD 進展を遅延させる治療
・CVDリスクを軽減させる治療
2 腎障害(+)
GFR軽度低下
60~89 上記に加えて腎障害進行度の評価
3 腎障害(+)
GFR中等度低下
30~59 上記に加えて
CKD合併症を把握し治療する
(貧血,血圧上昇,二次性副甲状腺機能亢進症,など)
4 腎障害(+)
GFR高度低下
15~29 上記に加えて
透析・移植を準備する
5 腎不全 <15 透析または移植の導入(もし尿毒症の症状があれば)

重症度分類

原疾患 蛋白尿区分 A1 A2 A3
糖尿病 尿Alb定量(mg/日)
尿Alb/Cre比(mg/g Cr)
正常 微量アルブミン尿 顕性アルブミン尿
30未満 30~299 300以上
高血圧、腎炎、
多発性嚢胞腎、移植腎
尿蛋白定量(g/日)
尿蛋白/Cre比(g/g Cr)
正常 軽度蛋白尿 高度蛋白尿
0.15未満 0.15~0.49 0.5以上
GFR区分
(ml/分/1.73m2)
G1 正常または高値 ≧90      
G2 正常または軽度低下 60~89      
G3a 軽度~中等度低下 45~59      
G3b 中等度~高度低下 30~44      
G4 高度低下 15~29      
G5 末期腎不全 <15      

治療

生活指導・食事指導

参考1
  • 水分の過剰摂取・制限は有害
  • 食塩制限:<6g/day
  • 肥満の是正
  • 適正な運動 → 安静は必要ない
  • 禁煙
  • 蛋白質制限:0.6-0.8g/kg/day(CKDステージ3-5)
  • 適正なカロリー:27-39kcal/kg/day
  • 飲酒は適正な量ならok

低蛋白食療法

  • 1.たんぱく質摂取量を腎機能低下抑制のための有効量(0.6~0.8 g/kg/day)まで減少させる
  • 2.炭水化物や脂質から十分にエネルギーを摂取する(脂質比率は20~25%とする)
  • 3.食事全体のアミノ酸スコアを100に近づける
  • 1)主食類(米飯、パン、麺など)をでんぷん製品あるいはたんぱく調整食品を用いる
  • 2)たんぱく質摂取源は、その60%以上を動物性食品とする
参考1
病態 食事療法 効果
糸球体過剰濾過 食塩制限(6 g/day未満)、たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 尿蛋白量減少。腎障害進展の遅延
細胞外液量増大 食塩制限(6 g/day未満) 浮腫軽減
高血圧 食塩制限(6 g/day未満) 降圧、腎障害進展の遅延
高窒素血症 たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 血清尿素窒素低下。尿毒症症状の抑制
高カリウム血症 カリウム制限(1,500 mg/day以下) 血清カリウム低下
高リン血症 たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day)、リン制限(mg)(たんぱく質g×15) 血清リン低下。血管石灰化抑制
代謝性アシドーシス たんぱく質制限(0.6~0.8 g/kg/day) 代謝性アシドーシスの改善

参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf


高窒素血症性骨ジストロフィー」

  [★]

azotemic  osteodystrophy


腎前性高窒素血症」

  [★]

prerenal azotemia


窒素」

  [★]

nitrogenNN2nitric
アスパラギンヌクレオシド規定濃度
  • 原子番号:7
  • 原子量:約14


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡