高山赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 高山赤十字病院

url

理念

  • 人道・博愛・奉仕の赤十字精神に則り、飛騨地域の急性期医療、高度医療に貢献し、安全でよりよい医療を提供します。

住所

  • 〒506-8550 高山市天満町3-11

診療の特徴、実績

  • 岐阜県北部に位置する飛騨地方の中核病院として、超急性期疾患、急性期疾患から、慢性期疾患・終末期医療までを担当し地域の信頼を得ています。救命救急センター、臨床研修病院、地域がん診療連携拠点病院、へき地中核病院、災害拠点病院等に指定され、広く医療の質の向上に努めています。回復期病棟、介護老人保健施設を有し、すでに始まっている高齢化社会における介護、福祉への取り組みもおこなっています。カバーする診療域は広く、開業医、診療所医師との連携にも力を注いでいます。さらに、診療所に赴任する自治医科大学出身者の研修を週1-2回受け入れ、診療所に出張診療も行っています。現在紹介率は56.3%、逆紹介率は37.7%です。医療の安心・安全対策、インフォームドコンセントに努め、診療録管理室を整備して、ICD10にてコーディングを行い、医師の要求にて医療情報を提供しているとともに、平成14年より電子カルテシステムを導入し、医療の情報化に努めています。地域住民の健康・福祉を守るため、地域医療完結型病院としての任務を果たしていきたいと考えています.

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 358.4人

一日平均外来患者数

  • 818.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.3日/0.0日

年間分娩件数

  • 328件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 13件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 当院の医療エリアは岐阜県北部の飛騨地域で、県の北約1/3を占め、多様な患者が急患として受診、あるいは搬送されます。救命救急センター(20床)を併設し、一次より三次までの救急医療を担当しています。年間の救急患者は約14,000人で、救急車搬送患者は約2700件です。救命センターでは、心筋梗塞、脳血管障害、急性腹症、多発外傷などの患者を受けいれ、各専門医が連携し迅速な救急医療を行っています。若手医師を講師にして救急勉強会が毎月開催され、救急隊員との連携、レベルアップにも努めています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 44.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 97人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(¥13,150/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 内科系、外科系当直医の下、副直を担当する。1年目4月は、2年目研修医と共に副直を行う。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  当院は飛騨地域の中核病院として、救命救急センターを有し超急性期より慢性疾患・ターミナルケアまで、診療科の垣根のない一貫したプライマリ・ケアを修得できる病院です。通常の体力があれば、2年間でプライマリ・ケアの修得は十分達成されます。 研修制度のスタートから毎年5、6名が研修をしており、出身大学は全国にわたっています。研修医は、朝早くより夜遅くまで貪欲に知識、手技を修得しようと頑張っており、指導医にも大きな刺激になっています。地方にありながら自治医大の臨床研修病院として長い歴史があり、ロールモデルになりうる指導医が多数います。地域性、病院の設備などからも、医師としての第一歩を踏み出すには最適の病院と自負しています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  スーパーローテーションでプライマリ・ケアを身に付けるならばこの病院をお勧めします。メリットは各科の壁が非常に低く日常診療の疑問はすぐに聞ける体制が整っていること。部長クラスの先生がとても教え好きで、貪欲に勉強して質問攻めにすれば何でも教えてくださること。臓器別に全く捉われず、部長先生方の仲が良くて風通しが良く、コンサルトしやすい環境であることです。すべての分野の代表的な疾患を、自分が主治医という責任を持たされて診療します。コメディカルと医師の仲がとてもよいのも特徴で、ベテランの看護師、薬剤師・技師さんに、何度もピンチを救ってもらっています。 当院は急性期から、介護、在宅医療、ターミナルケアまでを行っています。急性期を過ぎた高齢者の社会背景を考えつつ、ケアマネと相談しながら受入施設を探したり、延命処置をどうするかを家族と真剣に話し合ったりと、自分が主治医として責任を持っていると実感できます。救急は、1次から3次救急まで研修医がファーストコールなので幅広い疾患を見ることができますが、研修医のみで当直を行うことはなく、バックに内科系と外科系医師が一人ずつつくので困ったらすぐ相談でき、責任ある指導が得られて、安心して当直ができます。  高山は人が温かく、おいしい料理とお酒のお店も多く、上級の先生も研修医も連れ立ってよく飲みにいきます。厳しいなかでも楽しい研修生活がおくれます。まず一度見学に来て下さい

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/03/31 14:54:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 口腔内セネストパチーの位置付けと診断
  • 大久保 恒正
  • 高山赤十字病院
  • セネストパチー(cenestopathy・体感症)は、1907年にデュプレとカミュによって命名された疾患名で、DSM-ⅣTRでは心気妄想症の体感幻覚が近似であると言われている。精神病理的には、身体的疾患が認められないのにも係わらず身体感覚の異常を奇妙に執拗に訴える状態である。治療はそれぞれの基礎疾患に対応することが多く、抗不安薬や抗うつ薬および抗精神病薬などが用いられる。セネストパチー …
  • NAID 120005181964
  • クマ外傷の4例
  • 加藤 雅康,林 克彦,前田 雅人,安藤 健一,菅 啓治,今井 努,白子 隆志
  • 日本救急医学会雑誌 22(5), 229-235, 2011-05-15
  • NAID 10029368503

関連リンク

飛騨高山にある高山赤十字病院のオフィシャルホームページです。当院は、平成15年5 月19日付にて、財団法人医療機能評価機構により認定された病院です。受診, 入院, 救急, 介護関連, 人間ドック, 地域連携, 臨床研修, 求人案内をお届けしています。
高山 病院 ホーム, 高山 病院 受診, 高山 病院 入院, 高山 病院 救急, 高山 介護関連 ...

関連画像

Images by Googleお問い合わせ高山赤十字病院食事・排泄・吸引の



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡