高圧浣腸

出典: meddic

high pressure enema
点滴浣腸、バリウム浣腸


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 浣腸,高圧浣腸 (特集 研修医のための小児診療手技の基本) -- (消化管,腹部)
  • 手術症例報告 腸重積を生じたMeckel憩室を高圧浣腸と腹腔鏡下手術で治療しえた1例
  • 奥田 雄紀浩,白井 久也,土居 光司 [他]
  • 手術 64(2), 279-281, 2010-02
  • NAID 40016984756
  • 浣腸および高圧浣腸 (特集 処置と小手術のコツと合併症) -- (処置各論)

関連リンク

この際に用いられる薬剤を入れる硬質容器をイルリガートルと呼ぶ。 ディスポーザブル 浣腸やシリンジ浣腸では、直腸~S字結腸程度までにある便を排泄させるが、高圧浣腸 ではさらに奥の、下行結腸~横行結腸付近までを洗浄できる。
2011年11月22日 ... 高圧浣腸. 目的. 検査・治療・手術前の処置. ※とくにCF(下部内視鏡前のニフレック後 残便があるとき). 禁忌. 脳圧亢進症状・高血圧・動脈瘤・心臓疾患・直腸や結腸の術後 は禁忌. 必要物品 準備物品. イリゲーター あめゴム アーガイル ...

関連画像

朝 一番 で 近所 の 朝顔 撮り 従来 セット から の 仕様 変更 パッケージデザイン 等 は 予告 1000ml の イルリガートル です 社長 ありがとう vjavascript を オン にして


★リンクテーブル★
国試過去問100F034」「102D043」「099G031」「104E043」「091D025」「100F032」「090B039」「090A089
リンク元バリウム浣腸
関連記事」「浣腸」「高圧

100F034」

  [★]

  • 75歳の男性。腹部膨満嘔吐とを主訴に来院した。65歳から高血圧症で降圧薬を服用中である。腹部手術の既往はない。半年前から排便困難と便柱狭小とがあり、時々血便も認めていた。1週前から便秘が続き、昨日から排ガスが消失した。腹部は全体に膨隆しているが、圧痛や筋性防御は認めない。直腸診で全周性の腫瘤を触知する。血液所見:赤血球380万、Hb10.2g/dl、Ht33%、白血球8,600、血小板38万。血清生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素20mg/dl、尿素窒素20mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl。免疫学所見:CRP0.5mg/dl、CEA15ng/ml(基準5以下)。
  • 治療として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F033]←[国試_100]→[100F035

102D043」

  [★]

  • 70歳の女性。腹痛と右鼠径部の腫瘤とを主訴に来院した。半年前から時々右鼠径部の膨隆に気付いていたが放置していた。右鼠径部に3cm大の膨隆を認め、発赤と強い圧痛とを伴っている。血液所見:赤血球419万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球12,100(桿状核好中球20%、分葉核好中球60%、好酸球2%、好塩基球0%、単球3%、リンパ球15%)、血小板19万。CK249IU/l(基準40~200)。CRP2.5mg/dl。腹部単純CTを以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D042]←[国試_102]→[102D044

099G031」

  [★]

  • 64歳の男性。突然、腹痛と嘔吐とが出現し、増強してきたため来院した。腹痛は持続性である。8年前。胃癌のため幽門側胃切除術を受けている。顔面は蒼白である。腸雑音は消失し、腹部に筋性防御を認める。血液所見:赤面球382万、Hb11.6g/dl、Ht34%、白血球16,000,血清生化学所見:尿素窒素30mg/dl、LDH1,000単位(基準176~353)、CK230単位(基準10~40)。腹部エックス線単純写真を以下に示す。治療として適切なのはどれか。
  • a. 抗コリン薬投与
  • b. 緩下薬投与
  • c. 高圧浣腸
  • d. 内視鏡的整復
  • e. 開腹手術


[正答]
※国試ナビ4※ 099G030]←[国試_099]→[099G032

104E043」

  [★]

  • 出生直後の新生児。胆汁性嘔吐があり診察を依頼された。啼泣が弱く、筋緊張の低下を認める。上腹部に軽度の膨隆を認める。顔貌の写真(別冊No.6A)と胸腹部立位エックス線写真(別冊No.6B)とを別に示す。
  • まず行うのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E042]←[国試_104]→[104E044

091D025」

  [★]

  • 5歳の男児。5日前から時々腹痛を訴えていた。食欲はなく元気もなかった。
  • 昨夜から38℃の発熱が続き、今朝、激しい腹痛を訴え頻回に嘔吐したので救急車で来院した。体温38.5℃、呼吸数50/分。脈拍120/分、整。腹部に筋性防御を認める。赤沈40mm/1時間、赤血球380万、Hb10.8g/dl、白血球18,000(桿状核好中球25%、分葉核好中球55%、リンパ球20%)、CRP11.2mg/dl
  • 直ちに行うべき処置はどれか?

白血球#基準値

100F032」

  [★]

  • 65歳の男性。1週前からの間欠的腹痛と便秘とを主訴に来院した。下腹部に手術瘢痕と同部の膨隆とを認める。腹部造影CTを以下に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。
  • a. 高圧浣腸
  • b. 穿刺吸引
  • c. 開腹ドレナージ
  • d. 腹壁修復
  • e. 腫瘍切除


[正答]
※国試ナビ4※ 100F031]←[国試_100]→[100F033

090B039」

  [★]

  • ただしいのはどれ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

090A089」

  [★]

  • 体位について正しい組み合わせ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

バリウム浣腸」

  [★]

barium enema
高圧浣腸


腸」

  [★]

intestine
intestinum
小腸(十二指腸空腸回腸)、大腸(結腸S状結腸直腸盲腸)


浣腸」

  [★]

enemaclysterclysma
グリセリン浣腸


高圧」

  [★]

high pressurehyperbaric
高圧酸素療法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡