高圧撮影

出典: meddic

high-voltage radiography, high voltage radiography
  • 利点:被曝線量が少ない。短時間撮影が可能。骨に重積した病変や軟部組織が識別しやすい
  • 欠点:散乱線の影響



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CRにおける胸部病室撮影での散乱線除去と画質向上 : 撮影管電圧と散乱線除去用具及びGridのMisalignment
  • 2カ月以上介在した乳児の咽頭異物2症例
  • 上咽頭高圧撮影について

関連リンク

高圧撮影法を用いると、骨の透過性増加によりX線像のコントラスト低下が生じ、診断領域(可検域)が拡大する。これにより、胸部では、骨や縦隔とそれに重なる疾患の診断に有利であるが、骨病変診断には不利である。
X線高圧撮影 「概念」 検査目的から、電圧を変えて撮影する。 分類 高圧撮影 低圧撮影 電圧 120~150 kV 30~40 kV 長所 物体透過性が高い 放射線被曝が減る コントラストが高い 短所 コントラストが低い 散乱線が増える 物体透過性が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事撮影」「高圧」「

撮影」

  [★]

exposurephotograph
写真曝露被曝露光露出

高圧」

  [★]

high pressurehyperbaric
高圧酸素療法


影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡