高アルミニウム血症

出典: meddic

hyperaluminemia
  • 正常人ではあまり問題にならないとされている。
  • アルミニウムが排泄している病態、例えば、腎機能が低下している例では、医原性あるいは経口的にアルミニウムが供給されると体内に蓄積し、アルミニウム血症を呈する。

参考

  • 1. Water content of aluminum, dialysis dementia, and osteomalacia.
  • Wills MR, Savory J.
  • Environmental health perspectives.Environ Health Perspect.1985 Nov;63:141-7.
  • In the presence of normal renal function, a high concentration of aluminum in drinking water has been implicated as a factor in the etiology of a neurological syndrome in one specific geographical area. The role of aluminum as a toxic agent in other neurological disorders, where renal function is normal, is controversial. Aluminum is absorbed from the gastrointestinal tract and is normally excreted by the kidneys in the urine. In patients with chronic renal failure, aluminum appears to be of proven toxicological importance. In these patients the accumulation of aluminum in tissues causes an encephalopathy (dialysis encephalopathy or dialysis dementia), a specific form of metabolic bone disease (osteomalacic dialysis osteodystrophy), and an anemia and also plays an etiological role in some of the other complications associated with end-stage chronic renal disease. A failure in the normal renal excretory mechanism accounts for the tissue accumulation in chronic renal failure. The majority of chronic renal failure patients who develop aluminum toxicity are on long-term treatment with either hemo- or peritoneal dialysis; some patients develop toxicity who are only on treatment with aluminum-containing phosphate-binding agents. Aluminum in the dialysate appears to be the major source of the metal in chronic renal failure patients who develop aluminum toxicity. The aluminum content of the dialysate depends primarily on the content of the water with which it is prepared; there may be some contribution from the chemicals used in the concentrate which is added to the water. Some domestic tap-water supplies contain aluminum in high concentration, either naturally or because aluminum has been added as a flocculant in the purification process.(ABSTRACT TRUNCATED AT 250 WORDS)
  • PMID 3908086


和文文献

  • 続発性上皮小体機能亢進症に伴う骨病変に対する上皮小体摘除術の検討
  • 石川 泰章,紺屋 英児,山手 貴詔,尼崎 直化,梅川 徹,片山 孔一,高村 知諭,高田 昌彦,梶川 博司,加藤 良成,片岡 喜代徳,井口 正典,栗田 学,郡 健二郎
  • 日本泌尿器科學會雜誌 87(1), 67-73, 1996-01-20
  • … 術を施行している.(結果)骨関節痛の改善率は71例中49例,69%であった.改善群と非改善群の比較では年齢,術前の透析期間には有意差はなかったが,女性症例では改善率が低かった.(結論)C末端PTH高値の症例,高アルミニウム血症を認めない症例および線維性骨炎の存在する症例が上皮小体摘除術の適応であると考えられた.さらに,判断の困難な症例では全身骨シンチグラムと骨塩量測定(DPA法,DEXA法)が有用であり,両検査を施行し …
  • NAID 110003088803

関連リンク

血 症 クエン酸カルシウムに要注意 クエン酸カルシウムは腸管でもアルミニウムの吸収を高めるので、高アルミニウム血症の患者には禁忌。 対策・・・デフェロキサミン(キレート剤)投与 アルミニウム含有製剤の長期連用が不可能 ...
アルミニウム(Alminium) 生化学的特徴 化学的に、アルミニウムは軽金属である。植物および動物の組織中、血液および尿中に少量存在するが、ヒトや動物における代謝機能に不可欠であるというエビデンスはない。ラットを用いた実験 ...
医薬品・医療機器等安全性情報 No.252 -3- 2008年11月 1.はじめに 酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症については,添付文書の「副作用」の項に「高マグネシ ウム血症」を記載し注意喚起を図ってきたところであるが,今般 ...

関連画像

構造と推定される作用機序の  治疗终末期肾病的高磷酸盐血症 、高リン血症の仔に朗報だ炭酸ランタンと炭酸カルシウム Caの摂取量と血管石灰化スコア 10 高カルシウム血症の


★リンクテーブル★
リンク元hyperaluminemia
関連記事アルミニウム」「

hyperaluminemia」

  [★] 高アルミニウム血症

アルミニウム」

  [★]

aluminumaluminiumAl
水酸化塩化アルミニウム

臨床関連


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡