高γグロブリン血症性紫斑病

出典: meddic

hypergammaglobulinemic purpura
γグロブリン過剰血症性紫斑病ワルデンシュトレーム症候群 Waldenstrom syndrome、Waldenstrom's hypergammaglobulinemia purpura
高γグロブリン血症 Waldenstrom hypergammaglobulinemia



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 Sjogren症候群と原発性胆汁性肝硬変に合併した高γグロブリン血症性紫斑病
  • 久保田 圭子,落合 豊子,西尾 晴子 [他]
  • 皮膚科の臨床 51(12), 1727-1730, 2009-11
  • NAID 40016895743
  • 症例 PR3-ANCA陽性であったSjogren症候群に伴う高γ-グロブリン血症性紫斑病の1例

関連リンク

血管性紫斑病の原因となる 異常蛋白血症 書籍について 印刷用画面 メールで紹介 アミロイドーシス(アミロイドーシス ... クリオグロブリン血症 は,血漿が四肢の皮膚や皮下組織を流れて冷やされたとき沈降する免疫グロブリン(すなわち ...
症例報告 難治性の高γグロブリン血症性紫斑病を伴ったSjogren症候群 菅野 恭子 ※ 1 小松 成綱 ※ 1 伊部 昌樹 ※ 1 橋本 喜夫 ※ 1 飯塚 一 ※ 1 ※1 旭川医科大学皮膚科学教室 【キーワード】 Sjogren症候群,高γグロブリン血症性 ...
検索 すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり 論文名 著者名 著者所属 刊行物名 ISSN 巻 号 ページ 出版者 参考文献 出版年 年から 年まで すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへ ...


★リンクテーブル★
先読みWaldenstrom hypergammaglobulinemia
リンク元高γグロブリン血症」「ワルデンシュトレーム症候群」「高ガンマグロブリン血症性紫斑病」「Waldenstrom's hypergammaglobulinemia purpura
関連記事グロブリン」「リン」「紫斑」「」「紫斑病

Waldenstrom hypergammaglobulinemia」

  [★]


高γグロブリン血症」

  [★]

hypergammaglobulinemia
γグロブリン過剰血症高ガンマグロブリン血症
γグロブリン分画


分類

  • 単クローン性高γグロブリン血症
  • 血清蛋白電気泳動でγグロブリン領域に幅の狭いシャープなピーク(Mスパイク)
  • 多クローン性高γグロブリン血症
  • 血清蛋白電気泳動のガンマグロブリン分画で幅広いピーク
  • 多クローン性の抗体産生細胞の増加による
  • 慢性炎症疾患(自己免疫疾患(SLE)、肝疾患(肝硬変慢性肝炎)、慢性炎症(慢性感染症、悪性腫瘍))

臨床関連

  • 高γグロブリン血症性紫斑病



ワルデンシュトレーム症候群」

  [★]

Waldenstrom syndrome
高γグロブリン血症性紫斑病


高ガンマグロブリン血症性紫斑病」

  [★] 高γグロブリン血症性紫斑病


Waldenstrom's hypergammaglobulinemia purpura」

  [★] 高γグロブリン血症性紫斑病


グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






紫斑」

  [★]

purpura
紫斑病

紫斑



病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


紫斑病」

  [★]

purpura
紫斑





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡