髄液ミエリン塩基性蛋白

出典: meddic

関連リンク

ミエリン(髄鞘)及びミエリン形成細胞であるオリゴデンドログリア細胞(中枢神経組織)やschwann細胞(末梢神経組織)に局在する特色ある蛋白質である。ミエリン蛋白質の約30%を占めるとともに,等電点10.5で強塩基性を示すことから,この名前 ...
ミエリン塩基性蛋白 MBP - ミエリン塩基性蛋白は、中枢神経の軸索に存在するミエリン(髄鞘)を構成する蛋白質で、多発性硬化症など脱髄疾患で髄液中に上昇。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事リン」「塩基性」「」「塩基性蛋白」「ミエリン塩基性蛋白

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





塩基性」

  [★]

basicitybasic
塩基塩基性度塩基度基礎基礎的基本基本的ベーシック


白」

  [★]

whiteleukoleuco
白色白人ロイコ白い

塩基性蛋白」

  [★]

basic protein
塩基性タンパク質塩基性蛋白質


ミエリン塩基性蛋白」

  [★] ミエリン塩基性タンパク質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡